いきなりスクワット

トレーニング

こんにちは。加古川、明石、魚住町のパーソナルジムchangeの前田です。

トレーニングの始めにスクワットをやるパーソナルジムがあるそうです。

何が目的なんでしょうか?重い負荷をかける準備運動として軽いスクワットをやっているのかもしれません。

前回のブログで高齢者のスクワットの問題を取り上げたんです(こちら)が、スクワットをやったらいけないというわけではなく、スクワットをどのように捉えているのかが問題だと個人的には考えています。

僕もゴグまれにスクワットを最初に行うことがあるんです。それは、動作の評価を行う目的でスクワットを選択することがあります。

重心の問題がある方や股関節の動きの確認などを行う際にスクワットは便利な種目だと考えていて、自重でのスクワットを行なってもらう場合があります。

そして前提として、トレーニングにかなり慣れている方。というもの重要です。

自重スクワットが基本通りもう出来る人っていう前提です。

ウォーミングアップというよりも動きの確認だけです。そこから別にウォーミングアップを行うことになります。

だから、いきなりスクワットを行い、そこから負荷を高めて本気のスクワットをする。っていう運動処方をするところはやめた方が良い。って考えています。

全てのトレーニングに意味を持たせること。これはパーソナルトレーニングの中で常に意識をしていることです。

ウォーミングアップの中で体の評価を行なっていて、動きの制限や可動域のチェックなどを行なっていて、それを改善するための動き作り、必要な筋力強化、バランス能力の向上など、多岐に渡ることを頭の中で考えて、トレーニングを組み立てていきます。

そして動きの質のこだわり。ここが何よりも大切だと考えています。

1回の動きにしっかりとこだわることは同じ動きを10回やったらかなりの違いになります。適当な10回と動きの質の高い10回じゃ全く違うものになります。それを10種目やれば100回の違いになるわけです。

そういう積み重ねこそがパーソナルトレーニングの質につながり、結果を大きく左右します。

なんとなく横でカウントしているトレーナーが多いですが、数えて何になる。です。

もっと言うことは他にいっぱいあります。

質の高いトレーニングを始めてみませんか?

<保有資格>

NSCA-CSCS
NSCA-CPT
カイロプラクター

パーソナルトレーナー歴19年の実績があり、トレーニングセッション数は2万時間を超えます。幅広い年齢の方(子供小学4年生から高齢者最高齢93歳)のトレーニングを担当、健康的な体作りからボディメイク、アスリートのトレーニングサポートなどを担当してきました。

今よりも良い体を作る。健康的な体になれるようにしっかりとサポートさせていただきます。

前田が出勤している日は金曜日になりますので、前田希望の方は金曜日にご予約をよろしくお願いいたします。

<保有資格>

NSCA-CSCS
NSCA-CPT
カイロプラクター

パーソナルトレーナー歴19年の実績があり、トレーニングセッション数は2万時間を超えます。幅広い年齢の方(子供小学4年生から高齢者最高齢93歳)のトレーニングを担当、健康的な体作りからボディメイク、アスリートのトレーニングサポートなどを担当してきました。

今よりも良い体を作る。健康的な体になれるようにしっかりとサポートさせていただきます。

前田が出勤している日は金曜日になりますので、前田希望の方は金曜日にご予約をよろしくお願いいたします。



      トレーニング
      changeをフォローする
      パーソナルジムChange所属トレーナー前田のブログ

      コメント